トップ > 痔の治療法 > 症状からみる治療法 > ゴム輪結紮法

ゴム輪結紮法

内痔核の治療に広く使用されています。

進行段階治療法
ゴム輪結紮法:治療イメージ

【ゴム輪結紮法:治療イメージ】

ゴム輪結紮法は内痔核の治療に広く使用されており、特殊な器具を使って、痔核の根元にゴム輪をかけるというものです。1、2週間ほど時間が経過すると、ゴムで縛った痔核は壊死して排便中に排泄されます。

この治療法を行えるのは内痔核のみで、痛みは伴いません。しかし、病状を解消するために通常1回以上の処置が必要となります。また、外痔核を伴う場合や、大きすぎる内痔核、注射療法などで硬化してしまった内痔核などは適用外となることがあります。

  • 痔の治療法
  • 症状からみる治療法
  • 初期段階治療法
  • 注射硬化療法
  • ゴム輪結紮法
  • 結紮切除法
  • PPH
  • PPH
  • 安心して治療を受ける為に
BackNext