トップ > 痔の治療法 > 症状からみる治療法 > 注射硬化療法

注射硬化療法

軽度の内痔核に適した治療法です。

進行段階治療法
注射硬化療法:治療イメージ

【注射硬化療法:治療イメージ】

注射硬化療法は患部に硬化剤を注射して、痔核を硬化、縮小させ、出血を止める方法です。軽度の内痔核に適した治療法です。注射は直腸内の痛みを感じない部分にするため、麻酔の必要はありません。

注射をするだけなので外来で治療を受けることが可能です。また、止血効果は高いのですが、いぼそのものを完全に消滅させる効果は弱く、脱出のひどい内痔核、外痔核、硬くなっている内痔核、切れ痔、痔ろうを治すことはできません。

熟練した医師でないと深刻な合併症を起こす危険性もあり、また出血を抑えるという一時的な治療法なので、治療後も再発防止のため保存療法を確実に行う必要があります。

  • 痔の治療法
  • 症状からみる治療法
  • 初期段階治療法
  • 注射硬化療法
  • ゴム輪結紮法
  • 結紮切除法
  • PPH
  • PPH
  • 安心して治療を受ける為に
BackNext