トップ > 痔の基礎知識 > 痔の種類

痔の種類

内痔核、外痔核、切れ痔、痔ろうなどがあります。

内痔核

内痔核:初期段階

【内痔核:初期段階】

内痔核は、直腸内のクッション(血管)がうっ血していぼ状になった状態をいいます。通常、痛みはありませんが、排便時などに出血することがあります。これはクッション部分の薄い粘膜または粘膜下層の毛細血管が便の通過時などに損傷するためで、内痔核が大きくなるほど出血が増える傾向があります。

内痔核:進行段階

【内痔核:進行段階】

内痔核は、便秘などで負担が続くと肛門の外に脱出するまで伸びることがあります。これを「脱肛」と呼びます。脱肛は初期の段階では、自然に体の中に縮んで戻ったり、あるいは指で内部に押し戻したりことができます。症状が進行すると脱肛が自然に戻らなくなったり、外に脱出したままになったりします。ここまで悪化してしまった場合は、手術が必要になることがあります。

外痔核

外痔核

【外痔核】

外痔核は、肛門周囲のクッション(血管)が固まって、硬いいぼ状になった状態を指します(血栓性外痔核)。
これにはかゆみや痛みが伴い、裂けて出血することがあります。血栓が形成されると、肛門のあたりに触ると痛みを伴うこぶが感じられます。排便後にトイレットペーパーや便器に鮮血が見られることもあります。

その他、内外痔核が更に進み腫れあがった状態を「かんとん痔核」と呼び、突然激しい痛みに襲われ、大出血を伴うことがあります。あまりの痛みに救急車で運ばれる人もいる緊急事態になることもあります。

外痔核のみの場合は、温浴、座薬や軟膏などの外用薬、内服薬などの保存療法で治療することが可能です。内痔核を伴うかんとん痔核の場合は、直腸内に痔核が残るので手術が必要になることがあります。

その他の痔

固い便などの通過により肛門が裂けたり切れたりして起こる「裂肛(切れ痔)」や、便に潜む細菌から
感染し、膿のトンネルのようなものができてしまう「痔ろう(あな痔)」があります。

  • 痔の基礎知識
  • 肛門の構造
  • 痔とはどんな病気か
  • 痔の種類
  • 痔の有病率
BackNext