トップ > 痔の基礎知識 > 肛門の構造

肛門の構造

「痔」への理解は、「肛門の構造」の理解から始まります。

ここでは痔をよりよく理解するため、ごく簡単に肛門の構造について紹介します。
肛門は接合部であるギザギザ状の歯状線と呼ばれる部分を境目として、腸の部分である直腸と皮膚の部分である肛門に分けられます。直腸の粘膜部分は痛みなどの感覚はなく、皮膚でできている肛門部分(肛門上皮)は痛みを感じます。

肛門の構造図

【肛門の構造図】

直腸と肛門は筋肉(括約筋)に取り囲まれています。
肛門の内側を取り巻く筋肉(内括約筋)は無意識のうちに肛門を一定の力で閉める役割を果たし、眠っている間でも便が出ないようにしています。その筋肉を更に取り囲む筋肉(外括約筋)があり、これは自分の意志でコントロールすることができます。便意を催したときにこの筋肉を使って排便をコントロールします。

これらの筋肉と肛門部分の皮膚及び直腸部分の粘膜の間に血管が複雑に入り組んだ部分があり、柔らかく弾力のあることと、ガス漏れなどを防ぐ役割を果たすことから「肛門のクッション」とも呼ばれています。この部分は、肛門管を保護するクッションの役目を果たすためにあると考えられております。

  • 痔の基礎知識
  • 肛門の構造
  • 痔とはどんな病気か
  • 痔の種類
  • 痔の有病率
BackNext